SYO-HEIの初心者専門 作曲&コード理論blog

作編曲家、ミキシングエンジニア、ギタリストであるSYO-HEIの作曲&コード理論についてのblog。

「度数」について

f:id:s115ur69:20170802155925j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

 

作編曲家、ミキシングエンジニア、ギタリスト、音楽講師のSYO-HEIです!

 

 

 

 

 

今回は「度数について」お伝えしようと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての分野を勉強するときには必ず分からない言葉、専門用語などが沢山出てきます。

 

 

 

 

 

いきなり「日経新聞を読め!」と言われても読めるわけありませんよね?

 

 

 

 

 

大体は未だかつて足を踏み入れたことのないものの勉強をすると、知らない言葉が連続で出てきたことによって「情報の孤立化」が起きて脳が強制終了してしまいます。

 

 

 

 

 

 

その「情報の孤立化」を防ぐために必ず用語をしっかり抑えておきましょう!!

 

 

 

 

 

では、本題です。

 

 

 

まず度数とは何か、定義付けすると...

「ある任意の2つの音の高さの差」です。

 

 

 

基準はC (ド) に対してG (ソ)は完全5度! みたいな使い方をします。

 

 

 

 

1度、2度などと「度」という単位で表します。

 

 

 

 

では今回もC (ド)を基準として表した図をご用意致しましたのでご覧ください。

 

 

f:id:s115ur69:20170801002747j:plain

 

 

 

 

まてまて、「完全」とか「長」とか「短」とか「減 (増)」って何よ?

 

 

って思いますよね?

 

 

 

 

 

呼び名がついた理由まで説明すると...

 

 

「完全」...完全に溶け合う、調和する感

   じ。

 

「長、短」...ある程度高くても低くても溶

   け合うがキャラクター分けするために高

   めを「長」、低めを「短」と付けた。

 

「減 (増)」... 完全音程を基準とするので高

  め、低めなどは存在しません。その代わり

  に「減 (増)」と呼ぶ。

 

 

 

ちょっと堅っ苦しくて難しいですよね。(笑)

 

 

 

図をそのまま覚えて頂ければ全然大丈夫です。(後々感覚的に分かるようになります。) 

 

 

 

覚え方として、白鍵は完全と長のみ」で「黒鍵は短と減 (増)」と覚えてください。

 

 

 

 

 

そして、長〜度音程や完全〜度音程など、それぞれ全ての音にキャラクターがあります。

 

 

 

ピアノを使いCを基準として同時に鳴らしてそれぞれの音のキャラクターを

感じ取ってみてください。

 

 

 

 

 

-まとめ-

・初めての分野を勉強するときには必ず分

からない言葉を理解して 「情報の孤立

化」を防ぐ。 

 

・度数とは「ある任意の2つの音の高さ」

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、「トライアド (三和音)」についてお話ししようと思います!

 

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

僕が開催してる講座です。
興味がある方、体験レッスン、料金等などのご質問がある方は下記メールアドレスもしくはTwitterのDMなどからお気軽にご連絡ください!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

暗記不要!実践的!
「初心者専門 コード理論 講座」

 


-場所-
茨城県筑西市(旧下館) or 栃木県小山市の音楽スタジオ
※東京都内やそれ以外の方は「Skype」でのレッスンとなります。

 

 

マンツーマンの個人レッスンとなります。

 

理解して頂くまで徹底してお付き合い致します。

 

 


現状の音楽力で満足してない方、もっと音楽を楽しみたい方、是非ご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

SYO-HEI
【作編曲家,ミキシングエンジニア,ギタリスト,音楽講師】


f:id:s115ur69:20170726220237j:plain

 

Gmail : heyhey.kahou@gmail.com
Twitter ID:HEY_HEY_SYOHEI